会長挨拶

2019〜2020年度

小田原ロータリークラブ

会 長 高 梨 吉 則

 

 

すべては例会からはじまる

It starts with our Meeting

 

 2019-2020年度国際ロータリー会長Mark D. Maloney会長のテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」Rotary connects The World, であります。

また、第2780地区杉岡芳樹ガバナーは地区の方針「一クラブ、一奉仕プロジェクト」を宣言しました。


 小田原ロータリークラブでは、「すべては例会からはじまる」を基本のテーマにします。例会は会員の親睦を図る場であり、その機会でもあります。

さらにクラブは例会に始まり、奉仕という行動で地域に貢献することを目的に集う任意の団体であります。


    すべては例会に始まります。始まりである例会の大切さをもう一度、会員相互が確認しあいたいと思います。例会への出席は義務であり、権利であります。例会は時間の厳守を第一としましょう。その例会の限られた時間が内容豊かなものになるよう参加している会員みんなが努力しなければなりません。例会でのいかなる発表でも会員みんなに正しく伝達され理解されるよう準備、工夫をしていただきたい。これはRI会長があげた強調事項の一つ、「内部組織の改革」に通ずるものと考えます。

 

 その例会が楽しく有意義なものになる大きな要因に例会の柔軟性と会員の多様性が挙げられます。クラブが多様性のある会員で構成される必要があります。私たちは地域の有能な人たちを掘り起こし、会員となっていただき、例会を充実させるために会員の増強は必要不可欠なものと考えます。このため会員の増強はすべての会員にとって大きなクラブ奉仕になります。


 また、会員はそれぞれの委員会の役割を、もう一度、見直していただきたいと思います。

そのために必要であれば、フォーラムを開くことも考えられます。前年度に倣った委員会の進め方でなく、委員会の本来の役割に沿った活動にしていただきたいと思います。それにより例会がさらに活性化されることを期待いたします。

 

 例会での会員間の交流、斬新な卓話などから地域に必要であるが満たされていない活動、これから必要となる事業などに思いを巡らしクラブの奉仕プロジェクトとして取り上げていきたいと思います。

そういうクラブとしての取り組みが会員の社会への奉仕活動の切っ掛けとなれば、クラブの存在は会員および地域にとって有意義なものとなりましょう。また、この活動が地区の方針「一クラブ、一奉仕プロジェクトを」に結びつくものと理解します。